再生燃料油開発・廃油処理の山陰興業株式会社

地下タンクFRPライニング

安心の自社施工古くなったタンクをこれからも、ずっと使用して頂けます。
地下タンクFRPライニング

消防法の改正により、設置後40年を経過したタンクについて、対応策をとらなければなりません。

当社は、その対応策のひとつとして、地下タンクFRPライニング工事の事業者認定を受け、技術研修を重ね、着実に施工実績を積んでいます。

当社が施工するFRPライニングとは、FRP(強化プラスチック)シートをタンク内面に貼る方法です。

この工法は、経年経過したタンクのもれを防止する方法として、注目を集めています。まずは、安全第一で、そして施工回数を重ね、施工技術と品質を改善し向上させています。

FRPライニング施工の基本的な流れ
FRPライニング施工の基本的な流れ

業務内容

  • 地下タンクFRPライニング

主なお取引先様

  • 危険物・オイルタンク設備・ボイラー設備関連(宿泊施設、公共施設、教育施設、医療施設など)
  • 工場
  • 油槽所

お取引先の声