再生燃料油開発・廃油処理の山陰興業株式会社

山陰興業とは

山陰興業の企業理念

当社は「もったいない」という強い想いから、地域資源のリサイクルを始めました。リサイクル燃料の製造販売と危険物施設のメンテナンスサービスを通じて環境負荷の低減と環境保全に積極的に取り組み、ふるさと山陰の美しい自然環境を次の世代に残すことで、地域社会に貢献できる企業を目指します。

コーポレートスローガン

『美しいふるさとを守る』

山陰興業の行動指針

当社の企業理念にもとづき、『環境保全』『安全管理』『品質管理』の3つの企業方針によって業務を推進しております。

『環境保全』『安全管理』『品質管理』の3つの企業方針
1. 環境保全
週刊 循環経済新聞 2014年2月3日号の掲載記事
週刊 循環経済新聞 2014年2月3日号に掲載
環境エネルギー開発への取り組み

当社が取り組む環境エネルギーとは、再生燃料であるSオイルとその製造技術を生かした『バイオ再生燃料(Bioil = バイオイル)』の開発及び製造を行っております。

通常は廃棄されていた家庭用食用油(天ぷら油など)を当社のSオイルと攪拌させる技術を確立し、新しい地域エネルギーとしての有効活用のために取り組んでおります。
(2013年にJIS認証取得)

『バイオ再生燃料(Bioil = バイオイル)』の開発
使用済み天ぷら油を使ったキャンドルづくり

地域環境イベントへの取り組み

地域環境への取り組みとしては、地域自治体主催の環境展に協賛し、使用済み天ぷら油を使ったキャンドルづくり等を通じて、使用済み油が貴重なリサイクル資源として再利用できることを、子供たちが体験することで地域の皆様にも環境問題にふれていただいております。

2. 安全管理
安全講習や訓練を積極的に実施

当社では危険物の取り扱い方法や安全作業、配送・運搬に伴う安全運転に関する社内講習、さらに油流出などの緊急事態への対応訓練などを定期的に実施しています。これらの講習や訓練を行う事で社員全員の安全に対する意識向上を行っております。

5S(環境整備)活動

「安全は5Sから」を基本に考え、職場が安全で働きやすい環境であるために、各拠点で定期的に環境整備活動を行っています。

会社敷地内だけでなく周辺のゴミ拾い等を通じて、地域の環境美化にも努めております。

※5Sとは
職場の「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つの頭文字をとって付けられており、作業環境の改善と安全の確保を図るための活動

3. 品質管理
製品品質

私たちが40年にわたり製造している再生重油が2013年にJISの認定を受けました。JIS規格に基づいた社内品質管理体制を築き、お客さまの信頼を高めて参ります。また『良い製品は良い原料から』というモノづくりの基本を守り、原料の品質管理にも取り組んでおります。

サービス品質

廃棄物の回収や危険物施設のメンテナンス事業では、特にお客さまとのコミュニケーションが重要であると考えております。何でも相談していただける人間性と専門知識を身に付けるために、社内勉強会や各種研修にも積極的に参加して、サービスの向上に取り組んでおります。